クラウドコスト削減に効果的なMicrosoft Azure Low-priority VMsに「Spot Optimizer」が対応!ダウンタイム無しでの利用が可能に。

SpotOptimizer

クラウド構築・運用自動化サービス「Mobingi ALM」を開発しているモビンギ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:Wayland Zhang)は、クラウドコスト削減に効果的な低額インスタンスの利用を自動化する「Spot Optimizer」の機能をアップデートし、Microsoft Azure のLow-priority VMsにも対応いたしました。

Microsoft AzureのLow-priority VMsは、Azureの余剰容量を非常に低コストで利用できる一方で、利用可能な容量がない場合には割り当てを解除されてしまう可能性のあるVM(仮想マシン)で、従来、バッチ処理や開発/テスト環境など中断してもかまわないワークロードに最適とされていました。「Spot Optimizer」を利用すれば継続的な割り当てを確保できるため、ダウンタイムなくLow-priority VMsを利用することが可能になります。

「Spot Optimizer」は、パブリッククラウドの環境構築・運用を自動化できるアプリケーション「Mobingi ALM」のオプションの1つで、安価に活用することができるキャパシティを自動検出し、継続的に利用できる機能です。「Spot Optimizer」をご活用いただくことで、安価なインスタンスの適応を容易にし、企業のクラウドコストを削減へと導きます。

▽「Mobingi ALM」の設定画面
「Spot Optimizer」の利用も、オートスケールの設定もボタン一つで簡単にできます。

・「Spot Optimizer」の詳細はこちら
https://mobingi.com/jp/solutions/spot-optimizer

・「Mobingi ALM」の詳細はこちら
https://mobingi.com/jp/products/alm

「Mobingi ALM」は、簡単な作業でパブリッククラウドの環境構築・運用を自動化できるアプリケーションです。
構築作業や設定を簡易化・自動化することで、チーム内の作業環境を標準化しスムーズな運用を実現し、
マルチクラウドにも対応することで、将来的なクラウド構成の柔軟性も確保しています。

【モビンギ株式会社について】
モビンギ株式会社は、エンジニアがより良いサービス、そしてより良い世界を作るためのサービスを提供するSaaSベンダーとして、運用やメンテナンス作業(いわゆる DevOps)を自動化するサービスや、把握が難しいプロジェクト毎のクラウドコスト管理のサービスを提供しております。
Open Network Lab 第9期および500 Startups のアクセラレーション・バッチ第15期に参加し、2017年1月にはシリーズAラウンドでDraper Nexus Venturesとアーキタイプ・ベンチャーズから2億5,000万円を資金調達。

モビンギはクラウドをより身近なものにするために日々の開発を進めています。
モビンギは、APNアドバンスドテクノロジーパートナーです。

 

WE
ARE
HIRING

JOIN
OUR TEAM